日本語って需要あるの?先生経験ゼロの大学生が、日本語教師1か月目!




みなさんこんにちは!

CBB現地インターンの鹿島です。
久々のブログの更新。1月初めからCBBスクール開校に向けて準備を始め、あっという間に数か月がたってしまいました。
今私は週に5日CBBスクールに滞在して学校のマネジメントをしながら日本語を教えています。今回は日本語教師になってからの約3週間、私が感じたことをお話します!

さおり

△まずは形から先生に近づこうと服装を整えてメイクをしたとたん生徒から大評判でびっくり。。
カンボジアは日本以上にとても見た目を重視するのだと痛感。心なしか生徒がより真剣に話を聞いてくれるようになった気がします(笑)

◆そもそも田舎で日本語教室の需要ってあるの?

日系企業が年々増え、更に昨年6月にプノンペンにイオンモールがオープンしたことによって日本語の学習者が最近増えていると聞きます。しかし、日系企業が必ずしも日本語を話せるカンボジア人を求めている訳では無いのが現実です。

CBBスクールがあるのはコンポンチャム州の、日系企業の工場が一つも無い地方都市。日本を身近に感じたり、日本の会社で働きたいと思ったりするきっかけがなかなか無さそうな場所です。