JICA草の根技術協力事業への挑戦~支援地はどのくらい貧困なのか~




こんにちは。皆様、いつもお世話になっております。事務局員の常岡です。

先日、幡ヶ谷にあるJICA事務所に伺い、CBBの事業が草の根技術協力に採択される可能性があるか相談しました。

JICAの草の根技術協力とは?

JICAの草の根技術協力とは、NGOや自治体の行っている事業をJICAが業務委託という形で支援し、共同で実施する事業です。

この制度を利用させてもらう団体はささやかながらODAの一翼を担うことになります。

つまり、活動をする上での責任はもちろん増えますが、より意義のある、そして大きな活動をできるということでもあります。

重視される3つのポイント

重視されるポイントは以下の3つです。

①施設の建設やモノの提供ではなく、人を介した「技術協力」であること。

②調査研究、文化交流ではなく開発途上国の人の生活向上に直接役立つ内容であること。

③日本の市民が国際協力に対する理解・参加を促す機会となること。

選考までの長い道のり

選考のフローは下記の通りです。

JICA国内機関に活動内容を相談し、案件形成などサポートしてもらう。

選考

(今回は最初のステップであるコンサルテーションをお願いしました。)

CBBの案件

私たちが提案したのは、CBBスクールのパソコン教室で語学とITを身につけることが職業訓練になり生活向上につながるという内容です。

スクールを運営するスタッフを育てることが人を介した技術協力であり、日本の学生をインターンとして受け入れていて日本市民の国際協力に対する参加を促していると強調しました。