カンボジアの食文化を知ろう!~私のランチ紹介~




こんにちは。皆様、いつもお世話になっております。第6期現地駐在員の石出です。

11月も残りわずかになってきましたね。CBBスクールでは季節の変わり目を感じる出来事がありました。

それは【マンゴーの味】です。私が来た4月、甘くて美味しい完熟マンゴーを、ご飯やおやつ、時には授業中まで食べていました。CBBスクールにもマンゴーの木があるのでいつだって食べ放題。

そんなマンゴーの季節がぶどうに変わり、スイカに変わり、いつしかまたマンゴーの季節がやってきそうな予感がしています。

最近めぐみさんがハマっているマンゴーを一口食べたら…!

ずっと酸っぱいマンゴーに塩と唐辛子を混ぜたものをつけて楽しんでいたマンゴーが、だんだんと甘くなってきました。

そんな季節の変わり目。帰国まであと1週間です。

さて、本日は【カンボジアの食文化を知ろう!~ランチ紹介~】です。

「カンボジアでご飯って何食べてるの?」

本当によく聞かれる質問ですが、実際プノンペンではうどんもカレーもピザもパスタもラーメンも餃子も、日本より安い値段で本格的な日本料理や外国料理を食べることができます。

なので、お金さえあればプノンペンでの生活自体はとても日本に近い生活が送れると思います。

しかし、私が暮らしているのはコンポンチャム州チュンプレイ地区。プノンペンから車で2時間離れたCBBスクールには、イオンもなければコンビニやレストランもありません。

近くの市場(通称:プサーロワ)には、パンもイカもありません。(私が食べたかった2つです。(笑))

そんな環境で暮らす私の食生活をまとめてみました!これはとある日の1週間です。

①バイサイチュル(豚肉ご飯:3000リエル(約75円))

gohan1

月曜日。プノンペンのシェアハウス近くのお気に入りのバイサイチュル屋さんで。

私は卵だけのスペシャルメニューですが、本当は豚肉たっぷり。日本人にもとっても人気です。