現地大学生の休日。~隠れた離島Kosh Dachに行ってみた~




こんにちは。皆様、いつもお世話になっております。第6期現地駐在員の石出恵です。

8月に入り、CBBメンバーの2週間の渡航期間の現地調整がずっと続き、9日にメンバーが全員集合しました。

ホームスティ先の家を決めたり、プロジェクト実施の学校の校長先生に挨拶に行ったり、メンバーが暮らすCBBスクールの環境を整備したり、、何かをするには、誰か準備する人がいるんだと改めて実感していました。

CBBメンバー渡航や現地スタッフとの調整、CBBスクールの運営にいっぱいいっぱいになっていた最近。

本当に久しぶりに現地の大学生達と一緒にプチ遠足に出かけました。

keiq4

(全部で20人ぐらいの大遠足。ほとんどが日本語を勉強している学生たちです。)

「現地の大学生って休日何しているんだろう?」

日本での休日と言えば、バイト三昧の私。ガイドブックには書いてあるところで遊ぶのは観光客ばかり。

でも、CBBの駐在員としてこっちにきて4ヶ月。地元でできた友達に嬉しいことにたくさん遊びに連れてってもらっています。

ここに住んでいるからこそ分かる、地元の人にしか分からない!カンボジアの本当の観光スポットをブログでも少しずつ紹介していきたいと思います。

その第一弾として、本日紹介する場所は「Kosh Dach」。

日本の支援で建てられたという橋を渡り、コンポンチャム州がある方向に国道6号線を進んでいきます。