言語の壁の難しさ~授業中の携帯使用~




皆様お世話になっております。

国際協力NGO CBBインターンの地下です。

カンボジアに到着して8日目になりました。

村での生活にも慣れ、今週も残すところ明日1日になりました。

カンボジアの生活は思った以上に体力(精神力)勝負です。

今日は体力的(精神的)に戦ったことをブログに書いていきます。

今日は1日本当に色々なことがありました。

精神的に二回り成長しました。

①アリの巣を掘り当てアリに襲われる

今日は庭に子どもたちの自習スペースを作るために庭の雑草を抜き、地面を平らにするために鍬で耕していました。

すると見事にアリの巣を掘ってしまい大量にアリに噛まれるハプニング。

アリは、毒は持っていないのですが、2㎜程のアリに噛まれても地味に痛いです。

カンボジアで作業をする際は靴下をはいてすることをお勧めします。

何でカンボジアのアリはこんなにも人の足を噛むのか本当に疑問に思う毎日です。

②昨日の雨の影響でカナブンの赤ちゃんが大量発生

昨日の雨のせいで教室がカナブンのじゅうたんになりました。

カナブンのじゅうたんは人生で初めてで、気持ち悪いを通り越して驚きました。

授業中は必死になり過ぎて気付かなかったのですが、授業を終えて床を見るとカナブンの赤ちゃんが1000匹以上いました。

自分の中でカンボジア=虫という方程式ができました。

これからも虫に動揺せず生活していきます。

③パパが蛇を捕まえ明日の食卓に!!?

授業中に「とも」と呼ばれ教室を出ると目の前に3m?ほどの蛇を持ってパパが立っていました。

カンボジアの子どもたちは蛇ごときに動揺はしません。