ビエンチャンで繋がり探し




皆さまお世話になっております。

国際協力NGO CBBインターンの地下です。

カンボジアに到着して89日目になりました。

24時間のバスの旅を終えて朝の6時にビエンチャンに着きました。

カンボジアを出発して、ベトナム、ラオスと
2度国境を超えました。

てっちゃんネットトレーニングスクール
に行きました。

 

中に入ると日本語を勉強して2日から3ヶ月の生徒がいました。

授業はプロジェクターを用いて
教科書に沿って順番に進めていました。

先生は日本人でサポート役のラオス人の学生
と計2名で運営していました。

授業料は生徒から回収しておらず、
完全ボランティアで行っていました。

さらに教科書も無料で配布していました。

無料という点ではCBBスクールと同じですが、

指導方針が全くことなりました。

CBBスクールは子どもの居場所という雰囲気で、
てっちゃんスクールは厳しい雰囲気がありました。

ルールとして

・ 3週間以内に平仮名の読み書き、カタカナを読めるようにならないと退学
・ 出席率が足りないと退学
・ 定期的に行われる試験に3回落ちると退学

とかなり厳しい環境で行なっていました。