ビエンチャンで繋がり探し




皆さまお世話になっております。

国際協力NGO CBBインターンの地下です。

カンボジアに到着して89日目になりました。

24時間のバスの旅を終えて朝の6時にビエンチャンに着きました。

カンボジアを出発して、ベトナム、ラオスと
2度国境を超えました。

てっちゃんネットトレーニングスクール
に行きました。

 

中に入ると日本語を勉強して2日から3ヶ月の生徒がいました。

授業はプロジェクターを用いて
教科書に沿って順番に進めていました。

先生は日本人でサポート役のラオス人の学生
と計2名で運営していました。

授業料は生徒から回収しておらず、
完全ボランティアで行っていました。

さらに教科書も無料で配布していました。

無料という点ではCBBスクールと同じですが、

指導方針が全くことなりました。

CBBスクールは子どもの居場所という雰囲気で、
てっちゃんスクールは厳しい雰囲気がありました。

ルールとして

・ 3週間以内に平仮名の読み書き、カタカナを読めるようにならないと退学
・ 出席率が足りないと退学
・ 定期的に行われる試験に3回落ちると退学

とかなり厳しい環境で行なっていました。

しかし、子どもたちは皆先生についてきており、

退学する生徒はほとんどいないみたいです。

この環境だからこそ、生徒は2週間で平仮名と片仮名の読み書きが
できるようになります。

スクールで学び始めて3日の生徒です。

3日で平仮名読めるようになってます。

2ヶ月勉強した生徒は、CBBスクールで2年住み込みをしているピゼットよりも
日本語が話せました。

 

こちらがその生徒です。

書き順まで完璧でした。

また、てっちゃんスクールから

狭き門である日本の大学に留学する生徒も10年で10人輩出しており、

ほとんどの生徒が2年間学び日本語能力試験N5に合格し、

5年程学んでN3に合格するみたいです。

ラオスでは近隣国のカンボジア、ベトナムのように日本語を学んでも
直接給料に結びつく現状はないみたいです。

だからこそ、日本語を学ぶ人は少なく、

継続する人も少ないそうです。

お金を払って学ぶ人は少なく、ほとんどの人が英語を学んでいます。

国が違えば日本語の需要も異なることを学びました。

私が日本語学校をオープンすることを話すと、それに関してアドバイスを
頂きました。

・ 有料では生徒が集まらないこと
・ ビエンチャンから1時間も離れると、人がいないこと
・ スクールをオープンしたい人は沢山いること
・ 日本語教育の需要は低いこと
・ 日本語を学んでも職業に結びつかない現状があること。

私が予想しているものとは違う現状がラオスにありました。

都会ですら日本語の需要はほとんどありません。

村ではゼロに等しいでしょう。

明日も日本語の学校と大学に行きます。

まずは、繋がりを見つけ作ります。

それではチョムリアップリア。

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ

↑↑ポチッとしていただけると励みになります↑↑