異文化体験

自然も心も豊かなコンポンチャム~村で過ごす最後の週末~

投稿日:2018年6月26日 更新日:

皆さま、いつもお世話になっております。インターン生の周美憂です。

いよいよインターン最後の1週間に突入しました。

これまでは毎回週末をプノンペンで過ごしていましたが、最後の週末は村で過ごしました。

ものすごく充実した二日間で色々なことをしました。

今回はその中で一番心に残った三つの出来事を紹介したいと思います

 

湖での水遊び

雲が一つもない晴天の日は一段と暑く、じっとしているだけで汗が流れてきます。

土曜日はそんな猛暑日でした。

そこでインターン生みんなと湖の近くに住んでいる子供達とで湖に遊びに行くことになりました。

湖はCBBスクールからは自転車で約10分くらいのところにあります。

水はとてもきれいとは言えませんでしたが、こんな暑い日に水遊びができてとても気持ちよかったです。

水はぬるいところと冷たいところがあり、冷たいところを探せばそこに居座って涼みました。

子供たちとはお互いに派手に水を掛け合いながらびしょびしょになって遊びました。

しかし、一時間弱遊んでいたら子供の親が心配して来て、子供たちを連れて帰ってしまいました。

子供たちは帰ってしまったので自分たちも帰るのかと思いきや、私たちはもう一時間くらい湖にいました。

都会ではそんな簡単に経験できないゆっくりとした時間を豊かな自然を体全部で感じながら過ごせたことに嬉しく思いました。

日本やフランスに帰ってもリラックスできる場所でのんびりしたいですね。

 

コンポンチャムが一望できる山

土曜日の夕方はこの一ヶ月で仲良くなった生徒とモーターバイクで遊びに行く予定でした。

午後3時に彼氏さんと迎えに来てくれどこに行きたいと聞かれたため、長期インターン生の勝間田さんがおすすめしてくれたコンポンチャムが一望できる山の上にある寺に行きたいと伝えました。

こっちに来てモーターバイクに初めて乗った時は怖くてたまりませんでしたが、今となっては乗ってる時の涼しい風が気持ち良くてたまりません。

行ったことのない道を15分くらい走ると山のふもとに到着しました。

そこからは階段を上って寺に行きます。

みんなして息を切らしながらやっと寺に着くと木々の間からコンポンチャムが展望できました。

田んぼや木の緑と大地の茶色をみると、やはりコンポンチャムは自然だらけなんだと再確認しました。

ここでできた友達と素敵な思い出作りができて本当によかったです。

 

カンボジアの結婚式

そして最後の忘れられない出来事というとカンボジアの結婚式に参加させていただいたことです。

長期インターン生の勝間田さんは現地の方との交流が深く、勝間田さんのおかげで他のインターン生たちも結婚式に招待されました。

カンボジアでまさか結婚式に参加するとは思わず、持っているシャツと黒いパンツで行きました。

女性はみんな着飾り、華やかなドレスとメイクで身を包み、子供も1日だけ大人になったようにメイクをしています。

お嫁さんは特にきれいで、髪飾りが輝いていました。

また、驚いたのが料理の量です。

次から次とテーブルに料理が運ばれてい来て、長らくいたゲストが帰り、新しいゲストが入ってくるとまた、料理が運ばれてきます。

いつもはおかず1品と白いご飯なので、ごちそうが次から次へ来て思わず食べ過ぎてしまいました。

歌手とダンサー用のステージもあって、少し暗くなったら多くの人がステージの前で踊り始めました。

子供たちが踊る姿はとても可愛らしく癒されましたね。

カンボジアの結婚式を実際に体験し、さらにカンボジアの文化を学べることができました。

 

 ÃƒÆ’ƒÆ’ƒÆ’ƒÆ’ƒÆ’£ÂÂ«Ã£ÂÂ»Ã£â€šâ€œÃ£Æ’–ログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ

↑↑ポチッとしていただけると励みになります↑↑

カンボジア支援への熱い想い

1

こんにちは。 カンボジア中学進学支援NGOCBB現地代表、法政大学4年高橋昌祐樹(@masa_masayuki)です。 この記事の目次1 28年にも及ぶフンセン首相率いるCPP(人民党)による独裁政権 ...

2

こんにちわ!法政大学人間環境学部に通っています。1年の石出恵です。 今回、私は農村ホームステイと実際に農村の小学校で行った初等教育プロジェクトについて書きたいと思います。 ・農村ホームスティ 私たちの ...

3

こんにちは。CBBマサこと高橋昌祐樹です。 今週末は拠2日間とも支援地区に入っていました。早くクマエを覚えないとみんなの心がつかめないので大変です。今回やってきたことは以下3つ。 トムノTomnob村 ...

4

こんにちは。CBBメンバー法政大学1年、星野と杉木です。 まず始めにポル・ポトとクメール・ルージュについてお話いたします。 1975年4月17日、内戦を勝ち抜きポル・ポト率いるカンボジア共産党(クメー ...

5

こんにちは、国際協力NGOCBBカンボジア 現地代表の南郷恵珠です。 今日は、カンボジアと日本の労働について書いていきます。   第二言語が収入格差を生むカンボジア 先日シェアハウスで夜ご飯 ...

6

カンボジア農村。 そこには高校卒業後も農業に就く人がいる。農村に多くの職がないため、また高校卒業程度のスキルではオフィスワークは難しいためだ。外国語ペラペラやパソコンが出来る高校生には可能だが、そんな ...

-異文化体験