「カンボジア人の子どもたちに英語を話せるようになってほしい。」スレイリャの夢




 

こんにちは。皆様、いつもお世話になっております。

CBB学生代表の石出恵です。

 

ついにCBB2015春渡航の1日目です。今日メンバーがプノンペン空港に到着します。

シェアハウスの学生も、「何時に来るの?」「かわいい子いるかな~」と朝からソワソワしています(笑)

パーティーのチラシ

▲シェアハウス学生との交流パーティーを3回企画しました。

 

そして今日は日本語教室の開校日。

CBBスクールの開校記念日と合わせて、スクールの校長先生的役割で設立に携わってくれた、CBB現地スタッフのスレイリャの夢についてご紹介したいと思います。

私がスレイリャと初めて会ったのは1年前の春渡航。

とても聞きやすい英語を話す、面倒見のいい彼女。私があまりご飯を食べないのを心配してくれていました。

カンボジア人はよく微笑みかけてくれますが、彼女の笑顔は人一倍かわいいです!

リャと3人