カンボジアの歴史、ポルポト政権③ 〜世界平和について考えてみた〜




こんにちは。CBBインターンの後藤志織です。

先日、カンボジア、プノンペンにあるトゥールスレン博物館、キリングフィールドに行って、正直、私が想像していた以上の事がポルポト政権時代のカンボジアで起こっており、大きなショックを受けて帰ってきました。

また、こんなにも恐ろしい事が起こっていたのに、今までの19年間、詳しく知らなかったという自分が情けなかったです。

カンボジアのポルポト政権の歴史を学んで、思ったことや感じたこと、また小さい脳みそながらも、世界の平和について考えたので、その考えをシェアさせて頂きます。

記憶を伝える大切さ

トゥールスレン博物館、S21、の展示物は、ユネスコの世界記憶遺産に登録されています。私達が記憶の保管者だそうです。

私も、実際にトゥールスレン博物館、キリングフィールドに足を運んで、何が起こったかを知り、記憶を共有して、記憶の保管者になりました。記憶の数だけ苦しんだ人がいます。

忘れられた、伝えたいけど伝えられなかった記憶もたくさんあると思います。せめて残っている記憶をできるだけ多くの人にシェアして、次世代に伝えていくことが大切だと感じました。

私は、カンボジアの歴史をシェアしたいというカンボジア人の大学生の男の子とポルポトについて、話したことがあります。

その子は、ポルポトの事を40代、50代の人々は知っている。しかし、子供達はポルポトの名前は知っていても、何をしたか詳しく知らない子供達が多いと言っていました。

カンボジアでは、歴史をあまり重視しておらず歴史の授業の時間が少ない学校もあるらしく、子供達が十分に歴史を学べない、ポルポトについて詳しく知らない状況だそうです。