カンボジアの村の子供たちとスカイプで交流してみませんか?




こんにちは。CBBインターン生の本多です。

このたびCBB スクールではCBBスクールに通う村の子供たちと、海を越えスカイプを通して交流してくださる学校、団体様を大募集します。

スカイプ交流って何?

スカイプ交流とは、村のCBB に通う子供たちがスカイプを通して、日本のそして世界の子供たちと日本語と英語で交流してみよう、というCBBスクールの授業の一環です。

カンボジアの村と日本や世界をスカイプを介してつなぎ、日本語英語を用いながら、お互いに自己紹介をしたり、自分の国について紹介したり、時には歌を歌ったりダンスをしたりして、お互いことを知り仲を深めます。

今までに、日本の中学生や高校生やスリランカの子供たち、そして世界の学校で活躍する先生たちなどと交流をしてきました。

なぜスカイプ交流をするの?

CBBがスカイプ交流をする目的は二つあります。

①言語学習の実践練習として

CBBスクールでは多くの子供たちがン日本語と英語の学習をしていますが、私たちインターン生以外と日本語や英語で会話をしたりするという実践練習の場があまりありません。

その為、スカイプで日本語や英語で会話をするという場を設けることで、子供たちの日々の学習のアウトプットの場となり、子供たちが自ら学習してきたことの成長を自分の目で確かめることができます。