【地元の市場潜入レポート】




こんにちは、お世話になっております。インターン生の川崎です。

本日は村での生活でなくてはならない市場、プサー ロアをご紹介します。

アクセス

CBBスクールから自転車で8分ほど行ったところにあります。

CBBスクールを出て右に曲がり、突き当りをまた右に曲がります。

そのまま一本道に沿っていくと市場に着きます。

おすすめの時間帯

朝11時頃までに行くと活気づいていて品ぞろえが豊富です。

この時間をすぎてお昼になるとみんな休憩モードになり買えるものも限られてきます。

何が買えるの?

生活に必要なものは大体揃います。ただしトイレットペーパーは売っていません。

日用品・生活雑貨

・洗剤
・シャンプー:小分けになっています。
・くし
・服:カンボジアパンツやTシャツが売られています。現地価格なのでここでお土産を買うのもいいですね。
・爪切り、綿棒、くし
・ピアス、髪留め
・化粧品
・ティッシュ

日によってはサンダルや食器がフリーマーケットのように地面に置かれています。売っているものは毎回違います。

食材

➀調味料

・油 6000リエル(150円)
・砂糖、塩
・魚醤
・醤油 2000リエル(50円)
・オイスターソース
・味の素、コンソメ  など一通りそろっています。

②野菜

種類は日本とかわりません。量り売りです。

にんじん、なす、たまねぎ、じゃがいも、きゅうり、オクラ、青梗菜、ゴーヤ、大根などなんでもあります。卵はひとつ500リエルです。

③お肉

鶏肉、鶏肉、牛肉の順に高くなります。サッチュルー(豚肉)プラム ポワン(5000リエル)と言って切り分けてもらいます。

④魚

川魚が基本です。

⑤果物

南国フルーツが安く買えます。

パイナップルは一つ1500リエル(37.5円)りんご、ぶどう、ランブータン、ドリアン、バナナ、パッションフルーツなどたくさんあります。

ごはん

朝の市場では朝ごはんが食べられます。

・ボボー(お肉の出汁が効いたおかゆ)
・米麺(クイティアウ)
・豚ごはん(バイ サッチュルー)
・カンボジア風お好み焼き

朝ごはんは市場で済ませるのが基本で、朝からしっかり食べます。

一食1000リエルから4000リエル(25円から100円)で食べられます。

飲み物・軽食

・タイクロチマ(お茶にライムと砂糖を混ぜたもの) 500リエル(12.5円)
・さとうきびジュース 1000リエル(25円)
・コーヒー(練乳・砂糖入り)1500リエル(37.5円)

ビニール袋に氷、ストローと一緒に入れてくれます。

・揚げバナナ 二つで500リエル(12.5円)
・甘味:あずき、バナナ、寒天、甘く煮たおかゆなど好きなものを混ぜてくれます。一食500リエル(12.5円)
・おやき:お芋と小豆が中に入っていて、素朴な甘さで美味しいです。3つで500リエル(12.5円)

・スナック菓子
・焼きとうもろこし

この他にもたくさんあります。市場をじっくり見ると意外な掘り出し物があるかもしれません。

地元の方と交流しながらぜひローカルな暮らしを味わってみてください。

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ

↑↑ポチッとしていただけると励みになります↑↑