寝台列車22時間




皆さまお世話になっております。

国際協力NGO CBBインターンの地下です。カンボジアに到着して83日目になりました。

本日は移動日ということでホーチミンからフエまで22時間かけて電車で移動をしました。

値段は前日だったので、40ドルと少し高めでした。

寝台列車だったので眠ることは出来るのですが、スペースはかなり狭かったです。

私が泊まったベッドは寝た時に頭から15cm位の高さでした。

ここで22時間眠ることを考えるだけでエコノミー症候群になりそうです。

夜ご飯になると係員の人がご飯を運んでにきました。

値段は35000ドン(180円程)でした。後からスープも付きました。美味しかったです。

電車の中は景色がとても変わります。

農業地帯です!CBBスクールを思い出します😊

もうすぐ日が暮れます。

朝になりました。海が見えます😊

三角州の上に街が広がっています😊

この長い長い旅の中でもCBBスクールのことを考えます。

私がCBBスクールで実際に活動するのは残り2日です。

私がこれまでCBBスクールで活動してきた80日と東南アジアの日本語学校を巡って学んだことを引き継いでいく必要があります。

私がこのインターンで行なったことは大きく3つあります。

① 世界の学校とSkypeで繋ぐ

② 映像授業開始

③ 東南アジアの日本語学校との繋がり作り

日本語学校1校目 『さくら日本語学校』

この3つは必ず引き継いでいきたいと考えています。

この80日の中で今後も一緒に活動していきたい、世界で活躍する日本人の先生と繋がりました。

1人はスカイプ交流を行うきっかけを頂いた滋賀県立米原高校で勤務する堀尾美央さんです。

美央さんは私たちCBBスクールのために美央さんの学校との交流に加えて、世界の学校の先生に声かけを行い、6月末にCBBスクールと世界の学校を繋ぐプロジェクトを
立ち上げてくださいました。

また、マイクロソフトのホームページの中身の改良や世界の学校の先生とも多く繋いでくださいました。

是非これからのインターン生に美央さんとの繋がりを大切にしてほしいと思います。

もう1人はダンスで子どもたちに夢を与えるために世界を旅する中込孝規さんです。

中込さんは友達からの紹介で、Facebookに連絡をするとすぐに返信をくれ、すぐにプロジェクトを受け入れてくれました。

また、1回限りではなくこれから先もCBBスクールと繋げてくれると声をかけてもらっています。

カンボジアの子供たちはダンスが好きなので是非ダンス交流を行ってほしいです。

80日という限られた時間の中で、できた繋がりがあります。

今ある繋がりを大切にしつつ少しずつ世界の学校と繋げることで繋がりを拡大し子どもたちに多くの学びの機会を与えられたらと思います。

それではチョムリアップリア。

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
↑↑ポチッとしていただけると励みになります↑↑