異文化体験

カンボジアで迷子になったら...?

投稿日:2018年6月20日 更新日:

皆さま、お世話になっております。インターン生の岩崎です。

 

プノンペンからCBBスクールまで

今回のテーマは「カンボジアで迷子になった話」です。

これはプノンペンに週末遊びに行き、その帰りに起こりました。

ところで、プノンペン市内から村までは合計で1時間半ほどかかります。長い時にはそれ以上かかることも。

というのは、プノンペンからバンに乗り継ぐのですが、その際に出発まで車の中で待たされることがあるので(時には1時間)、それを含めての時間ですね。

ちなみにこの迷子になった時、私ともう一人のインターン生はちゃんとバンに乗りました。

 

なぜ迷子になったのか...?

先ほど書いたように、プノンペンからはバンとトゥクトゥクとたまにモーターバイクを乗り継いで村に着きます。

そして私たちは、ゲストハウスからトゥクトゥクに乗り、そこからバン乗り場に着き村のあるコンポンチャム州と運転手に伝えました。

この時はあんな大変な目に遭うとは思ってもみなかったです。

そして、乗っているうちに、そういえばプサーパーブと伝えなきゃいけなかったと思い出し、伝えたところ、これが伝わらない。

ほかの乗客に聞いたところ、みんな知らないとのこと。さすがに焦ってきました。

しかし、運転手の方たちは本当に親切で、多くの人に聞いてくださったりと、助けようとしてくれました。そしてなんだかんだ、別のバンに乗り換えるようにと言われ、乗り換え。

しかし、新しい運転手も行き先の場所がわからないとのこと。

本当に帰れるのだろうかと本当に不安でした。結局その車にのったまま、どうにかなるだろうと考えながらGooglemapとにらめっこ。

 

辿り着けたのか...?

乗り換えた後のバンの乗客の子どもさんの一人が英語が話せるとのこと。

そこでその方に通訳をしてもらうことにしました。

私たちがここに行きたいと、そして迷子になっていることを伝えると彼女はドライバーの方に事情を説明してくれ、そして私たちはまた途中でバンを乗り換えることに。

乗り換えた後は本当にあっという間に着きました。

彼女がいて英語が話せる人がいて本当に良かったです。あの時奇跡的に、娘が英語話せるから聞いてみるといいと言ってくださった乗客のおばさんにも感謝です。

とにかくこの事件をもとに、言語が伝わらないことはいかに大変なことかを、嫌になるほど味わいました。

今後もっとクメール語の勉強に身を入れていきたいと思いました。

皆さんも迷子になることがありましたらとりあえず何でもいいので伝える、ということを頑張ってみてください!

 

 ÃƒÆ’ƒÆ’ƒÆ’ƒÆ’ƒÆ’£ÂÂ«Ã£ÂÂ»Ã£â€šâ€œÃ£Æ’–ログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ

↑↑ポチッとしていただけると励みになります↑↑

カンボジア支援への熱い想い

1

こんにちは。 カンボジア中学進学支援NGOCBB現地代表、法政大学4年高橋昌祐樹(@masa_masayuki)です。 この記事の目次1 28年にも及ぶフンセン首相率いるCPP(人民党)による独裁政権 ...

2

こんにちわ!法政大学人間環境学部に通っています。1年の石出恵です。 今回、私は農村ホームステイと実際に農村の小学校で行った初等教育プロジェクトについて書きたいと思います。 ・農村ホームスティ 私たちの ...

3

こんにちは。CBBマサこと高橋昌祐樹です。 今週末は拠2日間とも支援地区に入っていました。早くクマエを覚えないとみんなの心がつかめないので大変です。今回やってきたことは以下3つ。 トムノTomnob村 ...

4

こんにちは。CBBメンバー法政大学1年、星野と杉木です。 まず始めにポル・ポトとクメール・ルージュについてお話いたします。 1975年4月17日、内戦を勝ち抜きポル・ポト率いるカンボジア共産党(クメー ...

5

こんにちは、国際協力NGOCBBカンボジア 現地代表の南郷恵珠です。 今日は、カンボジアと日本の労働について書いていきます。   第二言語が収入格差を生むカンボジア 先日シェアハウスで夜ご飯 ...

6

カンボジア農村。 そこには高校卒業後も農業に就く人がいる。農村に多くの職がないため、また高校卒業程度のスキルではオフィスワークは難しいためだ。外国語ペラペラやパソコンが出来る高校生には可能だが、そんな ...

-異文化体験