ソムナンの夢〜日本語からもらったもの〜




こんにちは、法政大学CBB学生代表の石出恵です。

昨日の好評だった「スレイリャの夢」に引き続き、CBBスクールの運営に大きく携わってくれている日本語教師アシスタント「ソムナンの夢」についてご紹介します。

彼は日本語教室の手伝いとともに自身でも日本語を懸命に勉強しています。

ゴリラ女とラッキー

▲ソムナンは子どもの面倒見がとてもいいです♡好きなタイプは子どもが好きな人とのこと。笑

現在22歳のソムナンは、おばあちゃんとお母さん、お父さんの4人家族。お父さんは今プノンペンで仕事をしているので、3人で暮らしています。プノンペンにいるお父さんには日曜日の休日を使ってたまに会いにいくそう。

お母さんは屋台で働いています。(ソムナンのお母さんの料理はとても上手です!)

 

小中学校は卒業し、高校に入学しましたが、家族を養うため、工場に働きに行ったこともあったそうです。

そして、高校を21歳の時に3年生で中退しました。理由は卒業証書をもらうお金がなかったから

ソムナンは学校以外の塾(エクストラクラス)に通えませんでした。先生はそこで卒業試験の答えを教えます。

「大学にいくためには卒業証書が必要。お金でそれを買うには500ドルかかるんだ。

私の家にはそんなお金はない。

それにお金を払って卒業証書を手に入れても能力が伴わないから良い仕事につくことはできないんだ。だから高校を辞めた。

 

卒業試験は答えが分からなかったら先生にお金を払う。そしたら答えを教えてもらえる。

僕はそんなことしたことないけど。」

(カンボジアでは去年から卒業試験の制度が改正。このような賄賂はなくなったそうです。)