アヒル用の水浴び場を手作り!~無いものは「買う」のでははく「作る」のが当たり前~




こんにちは、ニューヨーク州立大学1年、短期インターン中の隈崎です。

今回は村での生活の様子の一部をお伝えします!

水浴び場作り

カンボジアには雨季と乾季があります。

先日、これから訪れる乾季に向けて、宿主のお父さんがアヒルたちの為の水浴び場を作っていました。

コンクリートの材料と水をスコップで混ぜ、レンガを重ねながら、あっという間にとても立派な水浴び場を完成させていました。

これで乾季でも、アヒルたちが水浴びできます!

DIY?それとも…

無い物は、作る、、今日本でも流行りのDIYでしょうか?

私が感じたことは、日本でいうDIYは必要だから、というより、必要最低限の物はすでに揃っていて、プラスαで楽しみの一環としてあるものだなと。

日本ではトイレもシャワーも寝る場所も、洗濯もどれもこれも便利で快適なもので溢れています。

でもそれは当たり前ではないのだということを改めて感じました。

村での生活を通して、ないものは自分たちで作るというスタイルがとても人間らしくて、かっこいいなと思いました。

子供たちも

ないものは自分たちで作ると言いましたが、子供たちの遊び道具も含まれます。

彼らは輪ゴムをつなげて縄跳びを作ったり、ペットボトルと布の切れ端で凧を作ったりして遊んでいました。

子供たちの持ってきた遊び道具を見ると、その発想なかったなと気付かされることが多々あります。

発想力とか、作ってみようという気持ちを持っていてすごいなと感じました。

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ

↑↑ポチッとしていただけると励みになります↑↑




CBBを寄付で応援してくださる方はこちらから!