スクールで見つけた私の仕事~教科書作りに熱中~




お久しぶりです!現地インターン生の堀江愛里です。

カンボジアにきて早いものでもう三週間。平日はCBBスクールで日本語と英語のクラスを教え、土日はプノンペンで生活をしています。そんな中スクールでの生活にも慣れたこの三週目で、私は「教科書作り」に熱中していました…!

 

教科書作りの背景にひそむ問題①

 

もちろん、ただなんとなく教科書を作りはじめた訳ではありません。私が教科書作りに取り組んだ背景には理由がふたつあります。

 

一つ目の理由、それは授業内容を統一するためです。というのも、いまのCBBスクールの授業は、内容や進め方は各クラスの先生に任せており、その内容にばらつきがあるからです。

せっかくある先生がいい授業の進め方をしていてもそれが共有されない。また、クラスごとに授業方法が異なるので生徒の学習内容に差が出る。

 

それらを改善するために、日本語学習時間ゼロからはじめるCBBスクール統一の教科書をつくろうということになりました。

市販の初級教科書を使用する前段階の、ひらがなやカタカナ等の基礎を学ぶための教科書になります。

 

教科書作りの背景にひそむ問題②

 

二つ目の理由、それはカンボジア人の先生・住み込みスタッフの日本語の基礎を固めるためです。

 

二週間ほどクラスを持ったり、スタッフたちと話す中で、学習内容にばらつきがあるのは生徒だけではなく、先生・住み込みスタッフにもみられることに気付きました。

日本語のクラスを持っている先生でさえ、カタカナを苦手としています。