【2017年2月27日~3月14日】春季スタツア16日間(終了しました)

◆どんなプログラム?

ただの観光や、表面だけのボランティアでは物足りない。

貧困の「リアル」を知って自分の可能性を試してみたい。

お遊びでない「実際の支援」をしてみたい。

そんな方のためのプログラムです。

プノンペンで歴史と発展を見つめ、シェムリアップでは雄大なアンコールワットを訪問。

農村地域では「ホームステイ」を通して村人と同じ目線に立ち貧困の「リアル」を感じます。

*途上国に行ったことがない大学1,2年生、短大生、専門大生にオススメのスタディツアーです。

◆渡航日程

2016年度春日程…2017年2月27日(月)~3月14日(火)(16日間)

[aside type="normal"]

申込受付に関して

申込締切…2017年1月30日

振込締切…2017年1月31日

[/aside]

2017年度夏日程…2017年8月(2017年5月より募集開始致します)

◆プログラム代金(航空券別)

アップグレードコース…12万9千円(宿や交通機関をより快適なものへ変更致します)

一般料金…10万9000円

学割価格…8万9000円

友達割…一人紹介毎に両方参加費5000円引き

旅行代金に含まれるもの

カンボジア内での交通費

宿泊代(部屋は2人部屋もしくは3人部屋、シェアハウス、CBBスクールです)

農村ホームステイ中の食費

旅行代金に含まれるもの以外

アンコールワット等観光地の入場料

航空券代・ビザ代・海外旅行保険料(加入必須)

ホームステイ以外での飲食費

日程表に記載のない観光・送迎の代金

ランドリー代、電話代、通信費等の個人的諸費用

春渡航2016_2695

◆参加条件

心身ともに健康であること

安全管理等、CBBの指示に従うこと

[kanren postid="1999"]

◆主催団体CBBとは

「カンボジアのすべての子ども達に教育へのフリーなアクセスを」の理念のもと、「農村の貧困層の子でも大学に行ける仕組み作り」を目指し、CBBスクール運営・自転車支援・大学進学支援・シェアハウス事業など今までになかった「持続可能な教育支援」に挑戦しています。

私たちの強みは、現地との距離が近いこと。支援地に滞在するインターン&カンボジア人スタッフと国内メンバーが協力し、支援は常に現在進行中です。

CBBスクールで外国文化に触れながら基礎学力を養い、自転車を利用して学校に中学校高校に通い、農村から出てきてプノンペンの大学で勉強を頑張る学生たち。

それぞれの学生との交流や農村での生活を通じ、新しい支援の形、是非ご自身の目で確かめてみてください。

◆代表よりご挨拶

こんにちは。CBB事務局長、高橋昌祐樹です。

CBBは2013年にプノンペンオフィスを開設、現地に根付いた活動を継続しています。

また既存の考えに捕らわれない社会起業プロジェクトにも挑戦しています。

今回のスタディツアーでは他の団体では見ることのできない農村でのリアルな支援の形を感じることができるプログラムになっています。

◆実施内容

CBBスクールでの教師体験

24

スクール近隣村でのホームステイ体験

sakura4

自転車支援の現場視察

ゆうと3

大学進学支援の最前線シェアハウスでの共同生活体験

チャンティー

現地大学生との交流

他ローカルNGOの見学

日系大手NPO法人かものはしプロジェクト現場視察

アンコールワット観光

念願のアンコールワットへ〜10年越しの夢〜

キリングフィールド・トゥールスレン博物館見学

プノンペン観光って一体どこに行ったらいいの?

◆スタディツアー概要

名称:合同スタツア

期間:16日間

主催:国際協力NGO CBB

最少催行人数:1名

最大催行人数:10名

*このプログラムはカンボジア、プノンペンでの「現地集合・解散」のプログラムです。
航空券は個別にご取得をお願い致します。
スタッフがオススメ等提示することは可能ですので、お気軽にご相談ください。

*現地集合・解散であるため、事後事前旅行等も自由にできます。

お申込み後、CBBよりお支払方法や各種確認事項などを送らさせていただきます。
支払は銀行振り込みのみとなっております。
※クレジットカード払いは受け付けておりません。ご了承ください。

[aside type="normal"]

申込受付に関して

申込締切…2017年1月15日

振込締切…2017年1月16日

[/aside]

題名 (必須)

所属

所属団体・企業URL

お名前 (必須)

電話番号

メールアドレス (必須)

メッセージ本文 (必須)

添付ファイル

確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックしてください。

mirei4

◆参加するか迷ってる方へ

是非こちらよりお気軽に疑問・質問・相談などお寄せください。

カンボジア支援への熱い想い

1

こんにちは。 カンボジア中学進学支援NGOCBB現地代表、法政大学4年高橋昌祐樹(@masa_masayuki)です。 この記事の目次1 28年にも及ぶフンセン首相率いるCPP(人民党)による独裁政権 ...

2

こんにちわ!法政大学人間環境学部に通っています。1年の石出恵です。 今回、私は農村ホームステイと実際に農村の小学校で行った初等教育プロジェクトについて書きたいと思います。 ・農村ホームスティ 私たちの ...

3

こんにちは。CBBマサこと高橋昌祐樹です。 今週末は拠2日間とも支援地区に入っていました。早くクマエを覚えないとみんなの心がつかめないので大変です。今回やってきたことは以下3つ。 トムノTomnob村 ...

4

こんにちは。CBBメンバー法政大学1年、星野と杉木です。 まず始めにポル・ポトとクメール・ルージュについてお話いたします。 1975年4月17日、内戦を勝ち抜きポル・ポト率いるカンボジア共産党(クメー ...

5

こんにちは、国際協力NGOCBBカンボジア 現地代表の南郷恵珠です。 今日は、カンボジアと日本の労働について書いていきます。   第二言語が収入格差を生むカンボジア 先日シェアハウスで夜ご飯 ...

6

カンボジア農村。 そこには高校卒業後も農業に就く人がいる。農村に多くの職がないため、また高校卒業程度のスキルではオフィスワークは難しいためだ。外国語ペラペラやパソコンが出来る高校生には可能だが、そんな ...

投稿日:2013年11月25日 更新日:

Copyright© 一般社団法人CBB , 2019 All Rights Reserved.