インターン生達の今を追え!昔のインターン生は今~小澤美玲さん~




皆様、いつもお世話になっております。

第6期現地駐在員の石出恵です。

私のインターン生活も残りわずかとなり、インターン終了後は何をしようかと考えることも多くなりました。

そこで気になったのが、昔CBBでインターンしていた先輩方は今何をしているのかということでした。

 

調べてみると、就職活動をしたり、学生団体を立ち上げたり、留学をしたりと進路も様々。

ですが、共通していえることはCBBでのインターン生活が彼らに強く影響を与えているということでした。

そこで過去のインターン生の皆さんにインタビューを行いました。

インターンを考えている方やインターンを終えた方々にぜひ読んで頂きたいシリーズです。

記念すべき第1人目は法政大学人間環境学部4年の小澤美玲さんです。

mirei3

私と同じゼミに所属している美玲さんは先日1年ぶりにカンボジアを訪れ、CBBスクールに遊びに来てくれました。

約4か月のインターンを終えてから1年間、美玲さんは日本でどう過ごされていたのでしょうか。

Q1,インターン時期を教えてください。

2015年7月~2015年11月の約4か月間です。

初めてCBBスクールに行ったときは日本人がおらず、現地スタッフだけでスクールを運営していました。

日本語と英語を話せるソムナンと協力して、8月9月は国内メンバーと、10月以降はもう一人のインターン生宮崎さんと日本語を教えていました。

Q2,インターンでの主な業務内容を教えてください。

①日本語教師

②住み込みスタッフ教育

③大学支援

以上が主な業務でした。

日本語教師としては教材や時間割を作成、プレゼンテーションの時間を設けるなど、会話ができるようになる工夫を考えました。

また、住み込みスタッフの日本語・英語力の強化を目指しました。スタッフに授業のアシスタントや先生を頼んでみるなど、スタッフに自信を身につけさせ、より勉強を熱心に取り組んでもらえるようにしました。