農村の子どもたちを、プノンペンの大学へ…!@メコン大学




こんにちは。

お世話になっております、現地駐在員の小澤です!

 

さて、今日から10月ですね。

カンボジアは9月下旬~10月中旬あたりに新学年が始まります。

 

CBBメンバーのブログにて紹介させていただいた通り、

CBBでは、カンボジアの首都プノンペンにある“メコン大学日本語ビジネス学科”の協力のもと、奨学金枠の一部を頂いております。(以下参照)

http://cbb-cambodia.org/from-village-to-phnompenh/

ゆうくん1
(▲ プレイニア高校にて。)

8月上旬、3つの高校でCBBによる独自のテストを実施し、その中から無事卒業できた生徒の成績上位者を選抜し、9月27日、メコン大学にて2次試験を実施しました。

2次試験受験者は9人。(そのうち、ふたりはお坊さん!)

5人の生徒はCBBシェアハウスで合流し、一緒にメコン大学へ向かいました。到着したときには、既に3人の生徒がテストを開始していました…笑

さすがカンボジア、時間にゆる~いですね。(ひとりの生徒は遅刻して登場。)

S__104095746
(▲ 試験の様子。服装もさまざまですね。)

それから約1時間半、メコン大学による数英テストが実施されました。

数学はかけ算や、割り算、分数…(数学というか算数…)だいたい日本の中学1~2年生レベルでしょうか。

英語は全部作文。(スマートフォンの辞書使用可能)

とある生徒は私に「easyのスペルを教えて」と聞いてきました…笑

授業中に電話がかかってきてもお構いなし。試験中に3人の生徒の電話が鳴りました。

生徒同士でどうやら何か相談をし始める… 一体どこまでが許されるのやら。笑

S__104095747
(▲ 最前列の男の子、しっかりスマホで調べています。。)

試験が終わった生徒から、メコン大学教授の先生方による簡単な面談が行われました。

「科目は何が好き?」や、英語があまり点数良くなかった生徒に対しては「英語よりも日本語は難しいけど大丈夫?」などの質問がされました。

 

メコン大学教授の樋口先生は

「今、勉強が不得意でも構わない。大学に入ってから成長する子は沢山いる。ただ諦めないで勉強する、やる気があることが大事。そういうやる気を持った生徒にここで勉強してほしい。」

とおっしゃっていました。

奨学金枠がいくつ集まるか未定のようで、新しい奨学金生が何人になるかはまだわかりません。

試験に合格した生徒は、CBBのシェアハウス(メコン大学から徒歩5分ほど)に住むことができます。新しい仲間が増えるのが楽しみですね。

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

***********************************
2015年10月~2016年3月31日任期@カンボジア王国コンポンチャム州

拡大中のCBBスクールにおける日本語教師インターン生募集中です!

英語ができなくてもできる国際協力NGOでの現地長期インターン、

「まだ迷ってるけど…」そんな相談からでもお受けしています。
***********************************