惑わされた一週間!事件多発!




国際協力NGO CBBインターンの地下です。

カンボジアに到着して45日目になりました。

カンボジアに来て、45日が経ちますがこんなにもカンボジアの人に惑わされた一週間は初めてでした。

たいていは、すぐに忘れるのですが、今回は1週間に3回も起きたので、紹介したいと思います。

1、ご飯がない事件

今週の火曜日に住み込みのピゼットから「ご飯」と言われ、ご飯を食べに行くと、そこにはママとソッコンとピゼットが座って、白ご飯を指さして「今日はお金がないからご飯だけ」と言いました。

私は滞在分(1食$0.5)のお金を払っているので、ご飯の心配はしていなかったのですが「お金をあなたからもらってないから食べさせない」と。

しかし目の前には、いつもと同じようにおかずが置いてあり、指さすと「ママ達が全部食べる」と通訳してくれました。

一度その場を離れ、お金のことでママともめたくなかったので、もう一度個別で話すことにしました。

すると「とものご飯はあるよ。ご飯食べなさい」と言われました。

しかし、住み込みの子たちのご飯が無かったので、住み込みに聞いてみると「ママは私たちのことが嫌い」と話していました。

現地スタッフのスレイリャに話をすると「ソッコンが働かないからママが怒っている」と話していました。

しかし夜には皆でご飯を食べたので、一時的に怒って「ご飯抜き」だったみたいです。

一緒に生活をしていると、ママの嘘に巻き込まれることもあることを学びました。