ノートを生徒から取り上げる!?~TESOLを持っていてもわからなかった私のカンボジア版授業テクニック~




皆様、日頃よりお世話になっております。第8期インターン生の酒井です。

カンボジアでの生活も気が付けば3か月を過ぎ、帰国まであと1か月と少しになり、目の前に広がる田んぼを見つめながら、日本に帰ったらこの風景がすごく恋しくなって、満員電車にうんざりする生活に戻るのか…と、日本に帰った後のことを少しずつ考え出すようになりました。

今回は私が行っている日々の授業の様子を、皆様にお伝えしたいと思います。

その一、「始まりと終わりは大きな声であいさつ。」

CBBスクールの英語の授業では、あいさつで始まりあいさつで終わることを徹底しています。

先生が教室に入ると子どもたちは一斉に立ち上がり、大きな声で「Hello teacher(こんにちは、先生)」とあいさつをします。

それに続き、

先生:「How are you?(お元気ですか?)」

生徒:「I`m fine thank you, and you?(お元気ですか?)」

先生:「I`m good thanks, sit down please.(私も元気です。座ってください。)」

というのが一連の流れです。

megumi1

(3か月が経過しました。クメール語も様になってきました!)

挨拶を行うことは、立ち上がってもう一度座りなおすことにより全員が前を向いて座り、大きな声であいさつをすることで、勉強のスイッチが入るというメリットがあります。

授業が終わるときも、先生の掛け声とともに全員が立ち上がり、大きな声であいさつをしてから教室を去っていきます。

この習慣は公立学校にもあり、子どもたちは慣れていてすんなりと毎回こなします。

しかし、思春期の子どもたちの中には、先生の指示に反抗しようとする子もいますが、そんな子にも挨拶だけは毎回、徹底して行わせています。

その二、「授業中に生徒からノートを取り上げる!?」

私の授業工夫として、あいさつが終わった時点で「生徒からノートを回収してから」授業を始めるようにしています。

megumi2