【第一弾】住んでみてわかった!これが本当のカンボジア




こんにちは、お世話になっております。インターン生の川崎です。

6月から始まったインターン生活も残り一週間となりました。この約2か月間、カンボジアで実際に生活してみる中で、観光に訪れただけではわからない、ありのままの現地の暮らしを経験しました。

インターネットを通して得た情報をもとに作り上げられた想像上のカンボジアと、現地の本当の暮らし。そこには予想通りのものもあれば、イメージと全く異なる現実もありました。

カンボジアと聞いて思いつくのは?想像の世界と現実(リアル)、比べながら読んでみてください。

スコール

午前中からお昼過ぎにかけてはカンカン照りです。しかし夕方になり空が暗くなってきたな、と思いきや、一気に激しい雨が降り注ぎます。地面はぐちゃぐちゃになり、一歩踏み出すごとに泥に足を取られてしまいます。

またスコールの中CBBスクールに来てくれた子供たちは、まるで洋服を着たままシャワーを浴びてきたのかと思うほどびしょぬれになり、風邪を引かないかひやひやしてしまいます。

短期間に降る雨はここ最近毎日あります。雨が降ると厄介ですが、いざ降らないと「あれ、今日雨降ってないね」なんて話して、あの涼しさが恋しくなります。

自転車とバイクが多い

バイク社会と言われるカンボジア、どこに行っても多いです。こちらでは日本より少し大きい125CCが一般的です。一番人気はHONDA、そしてSUZUKIが続きます。

村だとヘルメットをつけないのは当たり前、子供を抱いたお母さん、お父さんと4人乗りしている人もいます。

また中学生、高校生の子もバイクで通学する子がおり、後ろに友達を乗せてあげているのを見かけます。