「プノンペンの観光地・定番スポット・現地の生活」




こんにちは、お世話になっております。インターン生の川崎です。

インターン14日目の本日は、プノンペンの観光地を紹介します。

➀ オルセー マーケット

このマーケットは観光客よりも地元の人で賑わっています。

三階建てになっていて、生活に必要なものは何でもそろいます。

新鮮な野菜、果物やお肉、扇風機、炊飯器などの家電はもちろん、

洋服、マニキュア、仏像、本、香辛料などがあります。

日本のように一つ一つ個包装にして「魅せる」ことを意識した売り方ではなく、

スペースがある限り横にも上にも「どっさり,ごちゃっと」商品を置いている印象でした。

ここはお土産を買うというよりも、地元の人のリアルな生活を覗いてみたい方におすすめです。

日本ではあまり見かけない穀物や果物も豊富にあります。歩きまわって疲れたら、屋台でご飯や甘いものを食べるのもいいですね。

② AEON

日本にあるあの大型ショッピングモール、AEONがプノンペンに2014年にオープンしました。

DHCのような化粧品、しゃぶしゃぶや回転寿司など日本料理店、$1.90均一のダイソー、映画館と盛り沢山です。

日本だけではなく、タイ、シンガポール、オーストラリア、アメリカからも出店しており、国際色豊かなお店が集まっています。

ここでいくつかおすすめを紹介します。

・TOUS les JOURS

韓国のパン屋です。

マフィン一つ$0.60、ウインナー入りパン一つ$0.60と手ごろな値段で買うことができます。

もちろん味のクオリティも文句なしです!

・お寿司

店員がその場でお寿司を握っています。

海鮮丼や刺身、巻き寿司がありました。握り寿司が一貫ずつ包装されてばら売りしていたのはあまり日本で見かけない光景でした。

一貫$0.50です。

村での生活が続いてお寿司が恋しくなった時や日本のものと比べてみたい方はぜひお試しください。

③ プノンペン国立博物館

真っ赤な建物が目印の博物館は、カンボジアの美術品を見るためにぜひ訪れてほしい場所です。

チケットは$5です。青銅器、彫刻、木彫りなどが年代順に展示されています。

ショーケースに入っていないものはぜひ近くに寄って細部まで見てみてください。

細かい装飾やその正確さに驚いてしまいます。

見学に疲れたら、中庭に出て休憩しましょう。

池で泳ぐコイ、緑いっぱい生い茂る木々、青い空に真っ赤な建物を眺めながらぼーっとするのもいいですね。

プノンペンに来たときには、観光地を巡るのはもちろん、ぜひ現地の生活も覗いてみてください。

川崎公美子

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ

↑↑ポチッとしていただけると励みになります↑↑