プノンペンへの課外授業!体育の授業に密着!




皆様、いつもお世話になっております。第6期現地駐在員の石出恵です。

本日は9月15日~16日にかけて行われた[CBBスクール第1回課外授業!体育編。]についてご紹介します。

%e9%81%a0%e8%b6%b31

15日(木)、16人の子どもたちと7人のCBBスタッフが2台のバスに乗り込み、プノンペンへと出発しました。

JICAも協力する、NPO Hearts of Gold様主催の体育普及プロジェクトに参加するためです。

日本語を勉強している10歳~14歳の子どもたちを中心に声をかけ、親への許可をもらうために1人1人の家を現地スタッフと回ったりしながら、16人を選抜。

スタッフには日本人2人、そして現地スタッフ5人を選抜しました。

ほとんどがプノンペンに来るのが初めての子どもたち。前日はゲストハウスに1泊し、農村とは違う街並みに大騒ぎ。

普段赤土と森の中に住んでいる子どもたちにはガラス張りの高層ビルは何に見えていたのでしょうか。

スクールとは違う生徒の表情を見ることができて、私たちスタッフにとっても生徒たちにとても貴重な体験になりました。

 




コメントを残す