カンボジアから手紙を出してみた! ~カンボジアの郵便事情~




こんにちは、宮崎です。

新緑だった田園風景も秋色に変わりつつある今日この頃。

わたし自身カンボジアに渡り、1か月が経ちました。

 

さて、長期で海外に住んだ経験がある方は、その国から家族や友人に、手紙やポストカードを出したことがあるのではないでしょうか。

先日宿泊したゲストハウスで、素敵な写真が印刷されたポストカードを頂いたので、わたしも、カンボジアンライフの現状報告を兼ねて、日本にいる両親にポストカードを書いてみました。

 

というわけで今日は、カンボジアから手紙を出す方法をご紹介します。

 

まずは、郵便局へ行きましょう。

カンボジアの街中には、私が見ている感じでは、ポストのようなものは見当たりません。

手紙などの郵便物を出したい場合は、郵便局へ行きましょう。

 

わたしが行ったのは日曜日。

郵便局は土日でも開いているようです。便利ですね。

 

今回利用したのはプノンペン中央郵便局。

リバーサイドの外れの方にあります。少し分かりにくいのでバイクタクシーかトゥクトゥクのおじちゃんに連れて行ってもらうのがいいかと。

わたしもバイクタクシーのおじちゃんをつかまえ、

「チョン タウ プライサニー!(want to go to the post office!) 」

と言って、連れて行ってもらいました。

市内からだと、郵便局まで、バイクタクシーで、片道ひとり、大体1ドルくらい。

 

到着するとびっくり。

そこはまるでヨーロッパの街並み。フランス統治時代の名残でしょうか。

ヨーロッパ風の建物が立ち並ぶ中を、バイクやトゥクトゥクが行き交う様子が、なんだか不思議な雰囲気を醸し出していました。

IMG_6814

 

 

 

 

 

 

 

(▲こちらがその街並み)

 

お目当ての郵便局の建物もとても立派です。

IMG_6808

 

 

 

 

 

 

 

(▲プノンペン中央郵便局)

 

到着すると、郵便局の中央にある入口から中へ入ります。

中へ入ると受付が並んでいます。

 

IMG_6804

 

 

 

 

 

 

 

 

受付のお姉さんに、日本へハガキを出したい旨を伝え、切手を購入します。

IMG_6803

 

 

 

 

 

 

 

 

(▲2000リエル切手)

日本に送る、ポストカード1枚分の切手料金は2000リエル(60円ぐらい)でした。

その切手をポストカードに貼り、郵便局の入口のところにあるポストに投函します。

IMG_6807

 

 

 

 

 

 

 

 

(▲投函の様子)

 

以上です。簡単ですね。

 

無事に届くことを期待して…

 

みなさんも、カンボジアにお越しの際は、記念に、日本にいる家族や友人にポストカードや手紙を出してみてはいかがでしょうか。

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

***********************************
2015年10月~2016年3月31日任期@カンボジア王国コンポンチャム州

拡大中のCBBスクールにおける日本語教師インターン生募集中です!

英語ができなくてもできる国際協力NGOでの現地長期インターン、

「まだ迷ってるけど…」そんな相談からでもお受けしています。
***********************************