「本と教育・子供たちの未来」




こんにちは、お世話になっております。インターン生の川崎です。

インターン16日目の本日はカンボジアの子供たちと本を読むことの関係についてお話します。

➀ 漫画を寄付

シェムリアップにあるクロマーツアーズ様からドラえもん、花より団子含む漫画4000冊をいただきました。

英語と日本語で書かれているものとクメール語のみのものです。

このうち130冊をCBBスクール近くにある小学校に寄付しました。

 

② 小学校の図書館

カンボジアの学校の図書室はどうなっているのでしょうか。

私が訪れた小学校では、多くの本が外国からの寄付で集まっていました。

部屋の中心に長い机といすもあります。

一見使いやすそうな図書館ですが、実はあまり機能していません。

・使いにくい図書室

クメール語の本、英語の本が入り交じり、箱の中に詰め込まれています。

また勉強しにやってくる生徒はいるようですが、本を読みにくる子はあまりいないようです。