レアな大型嵐~生徒の名前を覚える大切さ~




国際協力NGO CBBインターンの地下です。

カンボジアに到着して31日目になりました。

昨日の晩はカンボジアで年に3回程しかこないと現地の人が言う嵐を経験することができました。

夜中の2時半に寝て、夜中4時にこれまでに聞いたことのない雨風の音に目を覚ましました。

インターン生が住んでいる家はこのように木とトタンでできたものなので、台風の環境の中、テントでキャンプしている気分を味わえました。

雨風の音に飛び起きて何回か寝ようと試みましたが、家の中に雨は入り、近くに雷は落ち、風でトタンは鳴り響き、安心して眠れる環境ではありませんでした。

急いで、停電に備えて懐中電灯、モバイルバッテリーを探しました。

幸い停電はしなかったので、落ち着いて過ごすことができました。

雨風の中、部屋の片付け、掃除、CBBの業務を行いました。

しばらくして、外に洗濯物を干していることに気づき、外は嵐なのでもうないと思っていましたが、幸い飛ばされていたのは1枚だけでした。

嵐が過ぎたのは、朝7時前で安心して眠ろうとしたら外から「とも~」の声。

外は雨風が強い中、ママが心配してきてくれました。

とても安心しました。