一人旅バックパッカーも知っておきたい、治安の悪いカンボジアでの安全管理10条




こんにちは。現地で責任者を務めますCBB現地代表、高橋昌祐樹です。

今日は安全面に関してカンボジアスタディツアー中に起こりうる代表的なものをご紹介いたします。

CBBでは過去5年間の渡航を管理してきており、幸い大きな事故事件は起きておりませんが、注意点をご案内致します。

主に農村編

1、下痢

氷やフルーツシェイク、生野菜などが主な発生経由です。

皆さん一度はなります。

水やコーラを大量に飲み、下痢止めは極力飲まないようにし、菌を体の外に出しましょう。

2、狂犬病

農村やシェムリアップでは犬にかまれる可能性がプノンペンより高くなります。

特に夜は気を付け、外に出る時は現地の人と一緒に行動しましょう。

狂犬病の予防接種も心配な方にはおススメしています。

3、風邪

12月~2月ごろのカンボジアは寒く、昼間は半袖半ズボンでも大丈夫ですが、夜は上着が必要です。

農村は更に寒く、夜中~早朝にかけては長袖長ズボンにパーカーやコート一枚では足りません。

少し厚手の上着を持ってきてください。

8月9月は日々猛暑日です。

しかし一方スコール(夕立)が多く発生するため夏のほうが風邪をひく確率が高くなるかもしれません。

海外旅行保険に加入することはもちろんのこと、日本の薬も持参しましょう。

4、水・食べ物

生ものや井戸の水は絶対飲まないようにしましょう。

氷もお腹が弱い人は気を付ける必要があります。

5、破傷風

錆びた釘や金属から傷口を介して発症します。

基本的に被害を見聞きしたことはありませんが、農村の家では釘が飛び出しているのは日常です。

常に周囲には気を付けましょう。

6、デング熱、マラリア

蚊を媒体とします。