PC教室の約束事と住み込み達との信頼関係




国際協力NGO CBBインターンの地下です。

カンボジアに到着して41日目になりました。

本日から本格的にPCクラスが始まりました。

PCの成果もあり、生徒数も44名になりました。

急激な生徒数の増加に伴い、生徒のマネジメントもしっかり行わないと、スクールが回らなくなります。

以下がPCを利用する際に決めた約束です。

PCを使うためには、名前と年齢と学年と性別と村と学ぶ時間を書きます。

登録を行う際に、1時間PCの勉強をした後に、1時間語学の授業を受けることを約束します。

PCの勉強を行うことももちろん大切ですが、PCが使えるだけでは、将来の道があまり広がりません。

語学を学ぶことで、語学もPCのスキルもスキルアップして欲しい願いがあります。

さらにPCを利用できる時間は1日1時間と定め、決められた時間以外は使用することができません。

次の時間の生徒がスムーズに使うことが出来るようにするためです。

まだまだ生徒に伝わっている部分は少ないですが、明日からも何度も生徒に伝えていきます。

ルールを学ぶことで1人でも多くの生徒がPCを学べる機会を提供したいと思っています。

本日も時間通りにPCを学びに来たのに、PCが足りない生徒もいました。

毎時間名前の確認をしっかり行い、来た時間にPCがない状態を一日でも早く目指します。

また、PCだけを勉強して帰る生徒もいました。

明日、ルールを生徒と再確認した上で、全員が楽しく学べる環境を作ります。

さらにルールを学ぶことで、社会に出た時に、自分を制御できる、周りに目配り気配りができる生徒になってほしい願いがあります。

マネジメント次第で目標人数の120人がPCを学べる機会を提供することが目標です。

今日は、住み込みのソッコンが一生懸命生徒にPCを教えていました。

ソッコンが先生をすることで、PCを勉強する際にゲームをする人、You tubeをみる生徒は一人もいませんでした。

さらに、子供同士で喧嘩も起こらず、PCが足りない時は「2人で1台」を促し、生徒を上手くコントロールしてくれていました。

さらに、私が生徒に伝えたいときに、通訳を行ってくれ、あすからもソッコンの活躍に期待です。

その頃もう一人の住み込みのピゼットは何をしていたかというと、PC教室の壁をペンキで塗ってくれていました。

お昼に市場にペンキを買いに行き、一人で全ての壁を塗ってくれました。

ピゼットは、本当に素直でよく働きます。

買い物もよく行ってくれ、頼まれたものだけを買い、余ったお金はしっかり返します。

人として本当に立派です。

カンボジアに来て41日目、少しずつ住み込みスタッフとコミュニケーションを取り、一緒に協同で働くことが出来るようになりました。

出来ているところは認めつつ、お互いに成長できるように、住み込みのマネジメントもしっかり行っていきます。

それではチョムリアップリア。

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
↑↑ポチッとしていただけると励みになります↑↑

新入生募集中!