ノンカイ最終日




皆さまお世話になっております。

国際協力NGO CBBインターンの地下です。

カンボジアに到着して96日目になりました。

ノンカイを出る前に最後に寄った店で「Are you japanese?」

と話しかけられ、

「yes!」と答えると「お父さん!」の声。

初めて日本人とノンカイで出会いました。

出会った人は70歳くらいで日本では

旅行会社で働いていたそうです。

歳を重ねて、日本を離れてタイに

出てきたはいいですが、

帰りのお金が無くて帰れなくなったそうです。

でも、帰るという選択肢よりも

ここでのんびり生活する道を選んだそうです。

日本に帰っても、物価が高く生活するのが

きついそうです。

交通費から食べ物、

ありとあらゆるものが退職してからも

同じ金額を払う必要があります。

ノンカイではお年寄りの電車料金が

無料になる時間があるみたいです。

さらに、1日600円あれば食費も込めて

生活することができると話してくれました。

つまり、1ヶ月2万円程です。

日本では決して生活できない金額です。