【ミャンマー支援事業部】カンボジア人マネージャー派遣仮決定




皆さまお世話になっております。

一般社団法人CBB代表理事、高橋昌祐樹です。

カンボジアも雨季に入り日々30分ほどのスコールが降ってくるようになってきました。

さて本日はミャンマー人アドバイザーと電話ミーティングを実施しました。

内容は主に以下の通り。

・日本語学校トレーニングの進捗確認(出欠確認と写真)

・英語学校探し

・奨学金各種支払いに関して

・会計はスプレッドシートに。

・カンボジア人スタッフのミャンマー渡航

トレーニング生たちがヤンゴンに引っ越して1か月。生活にも慣れてきた頃ゆえ、そろそろ空き時間を使って英語学校を決めてしまおう、と。こんな話、1か月前にもしていた気がするのですが、タイミングですね。

またカンボジアサイドで少しリサーチを重ねていたスタッフ派遣について。同じアセアン人同士、カンボジア人はミャンマー行きにノービザで2週間行けるそう。ミャンマースタッフに伝えたら楽しそうにしていました。

アフリカ各国ほど貧困が認識されていないカンボジアとミャンマー。しかし多くのアフリカ諸国より貧しいのも事実。こうした現状、もっとうまく伝えていけたらと思います。

(ミャンマー人スタッフのトン)

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
↑クリックのほうも是非お願いします