【女子大生とルームシェア】プライベート空間なし!?




こんにちは、隈崎です。

空港を出るのに予想以上に時間がかかってしまったので、その日は急遽CBBから輩出した女子大学生達の部屋に泊まらせてもらいました!

今回は日本と違うところや、彼女たちの生活の様子をお伝えします。

部屋の様子

彼女たちは日本でいうアパートのような所で、5人でシェアハウスをしています。

プライベートスペースはなく、大きな一部屋と角にシャワールームがあるだけで、シンプルな部屋でした。

床はタイルが敷かれており少しひんやりしていて、さすが常夏の国の部屋だなと感じました。

シャワーといっても蛇口と水をためるバケツがあり、桶で水をすくってかけるもので、同じ部屋にトイレもありました。

家庭料理

夜ご飯は彼女たちと料理を作りました。

まな板が厚くて丸い木のようなものを使っていて、くるくるまわしながら食材を刻んでいて、この考え方はなかったなと感心しました。

作ってくれたのは野菜と鶏肉が入った、さっぱりしたグリーンカレーのような味がするスープと、少し塩味が濃い玉子焼きのようなものでした。
どちらもとっても美味しかったです。

就寝

ベッドや敷布団はなく、タイルの上にござを敷いて私を含め6人で横に並んで雑魚寝をしました。

少し硬いと感じましたが、すぐに慣れました。

その日は、本当にカンボジアにいるのかと疑うほどに寒く、みんな毛布に頭の先から足の先までくるまって寝ていました。

カンボジア初日に新鮮な体験ができて良かったです!

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ

↑↑ポチッとしていただけると励みになります↑↑