「CBB×Skype授業」




こんにちは、お世話になっております。インターン生の川崎です。

日本の高校とSkype 交流をしました。

・日時:7月14日 14:30から15:00(カンボジア時間)

・Skype相手:滋賀県立米原高校 英語教師、堀尾美央さんと生徒の方々

堀尾美央さんは6月29日に、世界の先生方とCBBスクールをSkypeで繋いでくださった方です。

堀尾さんのおかげで国境を越えたクラスが実現しました。

あの奇跡の交流から2週間、この繋がりを続けていきたい、そして今度は日本語で交流をしたいとお願いしたところ、快く引き受けてくださいました。

交流内容

・生徒:12歳から14歳の生徒たち6人

・自己紹介

・お互いについて質問

まずはカンボジアの子供たちから自己紹介をしました。

「こんにちは。わたしのなまえはとらーです。13さいです。わたしはサッカーが好きです。」

「こんにちは。わたしのなまえはボンターンです。12さいです。よろしくおねがいします。」

この時点では皆まだまだ消極的です。「僕はしゃべらなくていいや」「先にやってよ」

話したいけど少し恥ずかしい、緊張する、発音これで合ってるのかな?と不安だらけのようでした。

自己紹介を終えたところで質問タイムです。

日本からカンボジアの子たちへ

「何時にーします」を勉強しているところだったので、何時シリーズでたくさん質問してもらいました。

日本「あなたは何時に学校へ行きますか?」

カンボジア「私は7時に学校にいきます。」

日本「あなたは何時に寝ますか?」