インターンしてよかった! -おませな女の子達がくれた小さな贈り物-




こんにちは、インターン生の本多です。

インターン18日目になりました今日は、先日CBBでインターンをしてよかったな、と思った瞬間をお伝えしたいと思います。

日本の夏といえば…

先週金曜日、CBBスクールでは文化授業などの意味も含め、日本の夏の風物詩である夏祭りを開催しました。

子供達は皆、割り箸で作った割り箸や手裏剣で的当てをしたり、自分の名前を習字で書いてみたり、ひらがなを使ったビンゴをしたり、カレーを食べてみたりと、インターン生とコミニュケーションを取りながら、思い思いの時間を過ごしてくれました。

そんなとき、2人の女の子が私に習字で「I love you, shiho」と書いた紙を私にくれたのです。その写真がこちら。

こちらのスレイマッとスレイポブ。

私がCBBにやってきた時に、特に苦労したクラスの中学生の女の子グループの中の2人です。カンボジアの子供達も日本の子供達と同じように、思春期になると難しいお年頃です。