コンポンチャム州の由来に、お札の日本国旗?




国際協力NGO CBBインターンの地下です。

カンボジアに到着して39日目になりました。

カンボジアに到着して3日目にソムナンに出会い、日本語でカンボジアの歴史について沢山話をしました。

彼は私に「カンボジアの歴史について知りたいですか?」と尋ねてきました。

私が「はい、学びたいです」というと彼は、2週間後の日曜日に「私が案内します」と言ってくれました。

彼は本当に勉強家で、さらに「自分が学んだことを多くの人にシェアしたい」といつも言います。

毎日、学校で勉強を教え、さらに日曜も教会でシェアしたり、日曜日は自身が都市部のセミナーに参加したりと大忙しです。

なかなか時間が合わず、今日やっと念願の村ツアーに連れて行ってくれることになりました。

ソムナンは本当に国際人です。

自分の国の歴史について自ら勉強します。

そして、日本人が来ると彼は案内してくれます。

今日は彼に多くの歴史を学びました。

彼に学んだ衝撃のベスト3を紹介します。

・第3位 コンポンチャムの名前の由来

私は、今コンポンチャム州のバティエイ地区に住んでいます。

コンポンチャムには大きな川があります。

人々は川の岸から岸に渡るまでに船を待たなければなりません。