石鹸イベント。カンボジアの農村で400人集まる!?





こんにちは。CBBメンバーの太田隆二山崎ひかりです。今回は僕らから衛生プロジェクトについて報告させていただきます。
まずは8/28にトムノ小学校で行った子ども向けの手洗い普及イベントについて報告します。

今イベントは子ども達とサッカーをし、プレゼントのお菓子を食べてもらう前に、紙芝居などを使いながら手洗い指導をするといったイベントです。お菓子とともに石鹸、手洗い指導書も配りました。

50人程度を想定していましたが、嬉しい事に400人もの子ども達がイベントに参加してくれました!!

CIMG1434 CIMG1454

本当に嬉しい限りです。
しかし、想定よりもはるかに多い人数にこちらも混乱してしまいました。
プレゼントが足りなくなり急遽買い出しをしたり、参加者全員を統率しきれなかったりしました。

事前に現地コーディネーターと話をして、人数指定などを伝え、もう少し質の高いイベントを提供したかったです。大規模イベントに変更する際の対策も立てておくべきでした。

 

以上のようなものも含め、反省点を3つほどまとめようと思います。

 

1つ目は広報です。現地の協力者の方が村内の放送を使って人を集め、僕達の歓迎セレモニーを開いてくれた際、そこでイベントの宣伝をしました。しかし、これで十分な宣伝が出来たと安心してしまい、最初の予定にあったポスターを貼っての宣伝をしませんでした。結果として、人は集まったものの、このポスターを活用しきれなかったのは残念でした。

 

2つ目はイベントの企画・運営です。先述の参加想定人数についてもそうですが、それ以前に会場の下見や現地協力者との打ち合わせ・イベントの模擬練習などを怠っていたためスムーズな運営ができませんでした。メンバーや現地の方々が臨機応変に対応してくれたため、何とか形にはなりましたが改善すべき課題だと考えています。

「サッカーをし、石鹸手洗いの啓発をして、プレゼントをあげる」という簡単なイベント内容でも、妥協をしない下準備が必要不可欠だと学びました。

 

3つ目はイベントの目的の達成度です。目的は子ども達に手洗いの重要性を知ってもらうことでした。しかしお菓子欲しさに手洗いをせずにプレゼントを貰いに来る子やお菓子を何回も取りに来る子、中にはお菓子とセットで渡す手洗いの指導書を捨てる子もいました。今後イベントを開催する際は、より目的を達成するために、子どもが積極的に手洗いをしたくなるようなイベント内容に改善する必要があると感じます。

 

ネガティブなことばかり並べましたが、この反省を活かせば、400人どころか、1000人とか集められるんじゃないかとワクワクしています!もちろん、質だってあがるはずです。そうなれば、もう完璧だと確信しています!!
CIMG1396