パッション / 想い

ワールドカップから考える~国境を越えた人との繋がり~

投稿日:2018年6月22日 更新日:

皆さま、お世話になっております。長期インターン生の勝間田です。

 

CBBスクールの天使

教室が新しくなったおかげで、教室で仕事をしやすくなりました。

授業はもちろんですが、ブログを書いたり教材を使ったりすることも、涼しく清々しい状態ですることができます。

朝、教室で優雅に仕事をしていると、私の名前を呼びながら可愛い男の子が走ってきます。

家族の子供です。遊んでと、かまってほしいと私のところにやってきます。

私の教室掃除を彼なりに手伝っているつもりでしょうか。雑巾を振り回しながら壁を拭いてくれます。

天使を見たことはありませんが、天使のように可愛いですね。私には彼の背中に白い羽が見えます。

 

FIFAワールドカップが開幕!

FIFAワールドカップ2018が開幕しました。たくさんの試合を観ているため寝不足です。

日本はコロンビアに勝ちました。アジアのチームがワールドカップで南米のチームに勝利するのは初めてのことです。日本のいろいろな場所で相当の盛り上がりをみせた夜だったことでしょう。

私もカンボジアで同じように盛り上がっていました。運よく停電しなかったため、観戦することができました。

どうか・・・日本戦のときは停電しませんように・・・カンボジアにいても日本代表の試合だけは見られますように・・・

カンボジアでもサッカーは人気があります。CBBに来ている生徒もサッカーをやりたがり、休日は私も一緒に遊びます。

チームを作っている高校生や大人たちもいるため、私も所属して一緒に練習したり、指導したりしていました。

ある子供とワールドカップのことを話しました。ワールドカップが始まったけれど知っている?と尋ねると知っていると言います。

SNS内の投稿やテレビで流れるCMにも一部にワールドカップの情報が入っていると言います。

しかし、カンボジアのサッカーのレベルはまだまだ低く、ワールドカップには程遠いでしょう。日本代表が低迷している今、日本人の私が堂々と言えた話でもありませんが・・・

子供たちはいつかカンボジアもそういった大きな大会に参加できたらいいなと思いを馳せていました。

 

子供たちとの様々な関わり方

子供たちとはいろいろな関わり方をしています。まずは勉強を通じての関わりが一番でしょう。

その他にも遊び、スポーツ、イベントなどでも関わりがあります。勉強ではないところで子供たちと関わると、授業をしているときとは違った子供の表情を見ることができて非常に嬉しい気持ちになります。

言語を教える立場としてCBBにいますが、子供と楽しい時間を共有することは勉強以外でも大切にしていきたいと思います。

言語がいらずとも、遊び、スポーツを通じて人と人が繋がることができるって素晴らしいと思います。

 

 ÃƒÆ’ƒÆ’ƒÆ’ƒÆ’ƒÆ’£ÂÂ«Ã£ÂÂ»Ã£â€šâ€œÃ£Æ’–ログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ

↑↑ポチッとしていただけると励みになります↑↑

 

 

カンボジア支援への熱い想い

1

こんにちは。 カンボジア中学進学支援NGOCBB現地代表、法政大学4年高橋昌祐樹(@masa_masayuki)です。 この記事の目次1 28年にも及ぶフンセン首相率いるCPP(人民党)による独裁政権 ...

2

こんにちわ!法政大学人間環境学部に通っています。1年の石出恵です。 今回、私は農村ホームステイと実際に農村の小学校で行った初等教育プロジェクトについて書きたいと思います。 ・農村ホームスティ 私たちの ...

3

こんにちは。CBBマサこと高橋昌祐樹です。 今週末は拠2日間とも支援地区に入っていました。早くクマエを覚えないとみんなの心がつかめないので大変です。今回やってきたことは以下3つ。 トムノTomnob村 ...

4

こんにちは。CBBメンバー法政大学1年、星野と杉木です。 まず始めにポル・ポトとクメール・ルージュについてお話いたします。 1975年4月17日、内戦を勝ち抜きポル・ポト率いるカンボジア共産党(クメー ...

5

こんにちは、国際協力NGOCBBカンボジア 現地代表の南郷恵珠です。 今日は、カンボジアと日本の労働について書いていきます。   第二言語が収入格差を生むカンボジア 先日シェアハウスで夜ご飯 ...

6

カンボジア農村。 そこには高校卒業後も農業に就く人がいる。農村に多くの職がないため、また高校卒業程度のスキルではオフィスワークは難しいためだ。外国語ペラペラやパソコンが出来る高校生には可能だが、そんな ...

-パッション / 想い