プロジェクト報告 / 現地のいま

小さいことでもいいから、今できる一歩を踏み出してみよう

投稿日:2017年5月16日 更新日:

国際協力NGO CBBインターンの地下です。

カンボジアに到着して48日目になりました。

何事も一歩踏み出すと、先にどんどん進んでいくことを感じました。

カンボジアに来て48日。

一昨日までskype交流に関して何も進んでいなかったことが、この2日間で大きく変わっていきました。

自分の踏み出す一歩で、ここまで大きく変わってくるのかと思うと、もっと早く一歩を踏み出せ解けば良かったと思うことが多くあります。

しかし、あの時は踏み出せなくても、今日の自分が踏み出せたということはそこには必ずきっかけや自分の成長があると思います。

今回はTEDに出てきた人の

「小さいことでもいいから、今できる一歩を踏み出してみよう」

という言葉に背中を押され、ネットで検索することから始めました。

ネットで検索したことがきっかけで次の日には2つの国とskypeが出来ることが決まりました。

私の人生を振り返っても、今私が大事にしているものは私が勇気を一歩出して手に入れたものがほとんどだと今になって感じます。

自分が本当に大事にしたいものは、自分の意志で覚悟を決めて一歩踏み出すからこそ得られるものです。

私の周りには尊敬する人がたくさんいます。

しかし、私の周りにいるすごい人も皆「小さな勇気の一歩」の繰り返しで今の姿があることを本当に感じます。

もちろんそこにはいろいろな人の支えがあってできていることもあるかもしれません。

しかし、最初は誰かの力を借りても、そこから先は自分の足で成長している人を多く見ていました。

私が今回留学できたのも、本当に多くの支えがあってできていることです。

一時は体調を崩し、40度の高熱で一瞬帰国を考える時もありましたが、多くの人に支えられて今の生活があります。

1度きりの人生の中で、自分に与えられるチャンスは限られていると思います。

この留学は私に与えられた自分を成長させる大きなチャンスです。

今日という時間は二度と戻ってきません。

だからこそCBBでのインターンが7月12日に終わることを毎日意識して生活しています。

「もし明日がインターン最後の日だったら今日という日をどのように過ごしますか。」

104日あったインターンも残り56日です。

7月12日どんな形でインターンを終えたいのか。毎日イメージします。

このままで、現地に何か残せるのか。

私はしたいことがありすぎて何もかもが中途半端になってしまいそうな気がします。

私が現地でやりたいことはカンボジアに来る前と後では変わっていません。

自分がやると決めたことを残り54日全うしていきます。

それではチョムリアップリア。

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
↑↑ポチッとしていただけると励みになります↑↑

新入生募集中!

カンボジア支援への熱い想い

1

こんにちは。 カンボジア中学進学支援NGOCBB現地代表、法政大学4年高橋昌祐樹(@masa_masayuki)です。 この記事の目次1 28年にも及ぶフンセン首相率いるCPP(人民党)による独裁政権 ...

2

こんにちわ!法政大学人間環境学部に通っています。1年の石出恵です。 今回、私は農村ホームステイと実際に農村の小学校で行った初等教育プロジェクトについて書きたいと思います。 ・農村ホームスティ 私たちの ...

3

こんにちは。CBBマサこと高橋昌祐樹です。 今週末は拠2日間とも支援地区に入っていました。早くクマエを覚えないとみんなの心がつかめないので大変です。今回やってきたことは以下3つ。 トムノTomnob村 ...

4

こんにちは。CBBメンバー法政大学1年、星野と杉木です。 まず始めにポル・ポトとクメール・ルージュについてお話いたします。 1975年4月17日、内戦を勝ち抜きポル・ポト率いるカンボジア共産党(クメー ...

5

こんにちは、国際協力NGOCBBカンボジア 現地代表の南郷恵珠です。 今日は、カンボジアと日本の労働について書いていきます。   第二言語が収入格差を生むカンボジア 先日シェアハウスで夜ご飯 ...

6

カンボジア農村。 そこには高校卒業後も農業に就く人がいる。農村に多くの職がないため、また高校卒業程度のスキルではオフィスワークは難しいためだ。外国語ペラペラやパソコンが出来る高校生には可能だが、そんな ...

-プロジェクト報告 / 現地のいま
-, , , ,

Copyright© 一般社団法人CBB , 2019 All Rights Reserved.