カンボジアのゲテモノ料理紹介




皆さまお世話になっております。

国際協力NGO CBBインターンの地下です。カンボジアに到着して79日目になりました。

本日皆さんにお伝えするのはカンボジアに出てくるゲテモノ料理です。

なぜ、このような記事を書くことになったのか。理由は本日の晩御飯にあります。

カンボジアに来て80日目になりますが、これまでで1番衝撃を受ける食卓でした。

まずは写真をご覧ください。

恐らく形を見て蜘蛛かなとお気づきになった方もいるのではないでしょうか。

次の写真は調理前の生きていた状態の写真です。

正解はタランチュラです。

この袋の中に入っているタランチュラにはまだ毒があるみたいです。

最初ないと言われていたので、触ったりしてましたが、現地の人に聞くと毒がまだあるみたいです。

インターン生の川崎さんはタランチュラに襲われていました。幸い無事でした。

しかし、タランチュラは調理をすると毒は無くなるみたいです。

タランチュラはCBBスクールのある村では食べられないですが、タランチュラを食べる村もあるみたいです。

タランチュラを食べることに拒絶反応を示すかもしれませんが、タランチュラを食べなければならない歴史があったことにも目を向けてみましょう。

時は遡り、ポルポト政権の時。

この時は食べるものも無く、人々は必死に食料を探していました。