ストレスとは…?




お世話になっております。長期インターンの勝間田です。最近はストレスがたまっています。あまりストレスを感じずに過ごしてきましたが、ここにきて少ししんどいですね。

ストレスとは…?

ということで、ストレスについて書こうと思います。理科や心理学を通じて学んだことがあります。「ストレス」という言葉は、もともとは物理学で使われていた言葉です。1936年に、カナダの生理学者ハンス・セリエ博士が、イギリスの雑誌「ネイチャー」誌に短い論文を発表したことがきっかけとなり、医学の分野でも使われるようになりました。セリエ博士の説は、後に「ストレス学説」と呼ばれるようになり、セリエ博士が「ストレスの発見者」と考えられています。

ストレスは、生物が外的あるいは内的な刺激に適応していく過程を概念化したものです。気温が変わればそれに適応し、仕事の内容が変わればそれに適応し、人間関係が変わればそれに適応していく。そうした「環境の変化」に適応していく時の反応プロセスが、ストレスという概念にまとめられました。