【新米教師の葛藤】叱ることの難しさ~現地の人と働くということ~




こんにちは、インターン生の川崎です。

CBBスクールで働き始めて、5日がたちました。

もっとこうしたい、何でこれやらなかったんだろう…一週間を通して感じた葛藤をお伝えします。

➀「叱る」ことの難しさ

CBBスクールのルールに反した行動をしている子がいたら、それを指摘して止めさせる、それが私には難しいみたいです。

生徒は1日30分パソコンを使うことができます。

次に使いたい生徒を待たせないよう、5分前には”セーブしてねー。”とそろそろ終了の合図を出します。

素直にセーブを始める子もいれば、私の声を無視して使い続ける子もたくさんいます。

また見てはいけないルールになっているはずのYouTubeを開いている子が中にはいます。

注意しないといけないのはわかっていても、きつく言えない…

そしてなんとなくやんわりと指摘して終わってしまいます。

理想の先生はどんな人?

じゃあ叱らずにいつもただにこにこしている先生がいい先生なのでしょうか?

私が大好きだった小学校の先生のことを考えてみました。

その男の先生は授業中冗談を言って私たちを笑わせてくれたり、頭の体操だ!