日本の夏祭りをカンボジアで!?地方の日本語学校での1日異文化交流




こんにちは。現地駐在員の小澤美伶です!

8月22日㈯、CBBスクールにて夏祭りを行いました!

日本国内のCBBメンバーとSkypeで連絡を取り合いながら準備を進めていました。

私の仕事は主に買い出しと、当日の装飾、調理などです。

S__2900018

(画用紙で作った手作りちょうちんで装飾しました。)

 

お祭りでは、うどん・焼きそば・お好み焼きを販売した他、浴衣試着コーナーを設け、現地の方々に楽しんでもらいました。

CBBスクール内は、手作りの提灯などで飾られ、日本のお祭りの雰囲気を作り出しました。

また、浴衣試着コーナーの背景には富士山桜の木を貼り絵で作りました。

S__2900020

(日本語クラスの生徒。浴衣がとてもお似合いです!!)

 

焼きそばやお好み焼きのソースは、現地の方にも楽しんでもらえるように、現地で購入したソース、麺を使用しました。

現地のソースは日本のものよりも甘味があって、とても美味しいです(^^)

S__2900015

(お好み焼きを担当しました。)

 

S__2900019

(最終的に500リエルで販売しました。)

 

夏祭りの3日前から、現地では全く雨が降らなかったのですが、なんと夏祭り開始1時間前あたりから大雨が…

それにもかかわらず、開始前から沢山の生徒、近隣の方が来てくださいました。

S__2900017

(CBB渡航メンバーと、ほとんどがCBBスクールの生徒です。)

 

スクールの前にはカンボジアではお馴染みの巨大スピーカーを設置し、日本の音楽(ふるさと、涙そうそうなど)と現地では定番のダンスミュージックを流し、教室内外でカンボジアのダンスを楽しみました。

カンボジアの伝統的な踊りには、手と足で独特な動きをするのですが、小澤にとっては手の動きがとてもとても難しく、生徒に笑われてしまいました…笑

それでも私に踊りを修得させようと何度も何度も生徒が丁寧に教えてくれました。

日本人、カンボジア人など関係なしに、みんなで手を繋いだりしてダンスを楽しみました。

あらためてカンボジア人の心あたたかい性格や、国境を越えて楽しむことを教えてくれた音楽の力に感動しました。

 

お祭りの終盤にオルセーマーケットで購入した花火をみんなで楽しみました。日本の花火とあまり違いはありませんが、日本みたいにさまざまな色はなく、何発も連続で打ち上がるような勢いのある花火でした。

S__2900016

 

16時から開始した夏祭りは21時まで続きました。

これまで国内で準備してきたCBBメンバーのみなさん、当日も装飾や調理などお疲れさまでした!

またたくさんの現地の方に協力していただきました。本当にありがとうございました。

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

***********************************
2015年10月~2016年3月31日任期@カンボジア王国コンポンチャム州

拡大中のCBBスクールにおける日本語教師インターン生募集中です!

英語ができなくてもできる国際協力NGOでの現地長期インターン、

「まだ迷ってるけど…」そんな相談からでもお受けしています。
***********************************