【治安に関して(必読)】言語、慣習、地理を把握している現地人でさえそれくらい気をつける国、それがカンボジア。




お世話になっております。

一般社団法人CBB代表理事、高橋昌祐樹です。

経済発展はしても庶民の生活も全く変わらず、金持ちは益々金持ちになるカンボジア。

もちろん治安も全然よくなりません。

選挙は言わずものがな、平時の治安も肌感覚では悪くなっています。

早速ですがリストです。

プノンペン編

・ひったくり

一番多いのはiPhone強盗などのひったくり。

バイク、トゥクの上での携帯使用はもちろん、道で不用意に写真撮影なんてしてたら一瞬です。

一番安全なのは手ぶら。

次はリュックです。女性がよく使う斜めがけカバンですが、強盗のバイクにひきづられたくないのなら辞めましょう。

・レイプ

夜18時以降は女性のバイタク、トゥクは辞めときましょう。

・強盗

かつてナーガのカジノで大勝ちして自宅まで付けられて銃撃された方がいましたね。

命を落としたのに在住者の一部では自業自得だ、などと議論されており、ホント日本人コミュニティは残念だなと失望したのを覚えています。

またリバーサイドのナイトマーケットで銃撃された事件もありました。

観光地だろう油断はできません。

・空き巣

基本的に治安に関することなので身の危険の少ない空き巣はずれますが、セキュリティの良さげなゲストハウスでも普通にパソコンとかなくなります。