カリキュラムちょこっと改革




お世話になっております。長期インターンをしています勝間田です。

最近は日本語だけを勉強しに来ていた子供たちに、英語も教える時間をつくりました。

これには理由が2つあります。

1つ目は、英語ができるスタッフが増えたからです。

住み込みスタッフが1人増え、さらにお試し期間でもう1人昨日から住み込みで活動している人がいます。

前者が男性で後者が女性ですが、どちらも英語を話すことができます。

子供に教えるだけの知識があり、人柄も良いので、ぜひ英語の授業に力を入れさせたいと考えています。

2つ目は、CBBに来る生徒数が若干減り、空き時間が増えたからです。

8月、9月とインターン生をはじめとした日本人がたくさんいた時期はスクールに活気がありました。

今がないというわけではありませんが、日本人が複数いたほうが子供たちも関わる人が多いから喜ぶことは間違いないです。

現在はインターン生が1人となり、子供たちも学校が始まり、少し忙しくなったことから、生徒数が減少しています。

生徒が少なければ教員の手が余ってくるのは当然です。教員の数が多ければなおのことでしょう。

以前まで来ていた英語の授業を受けていた子供たちが来ることが少なくなり、英語の授業をやる場面が激減してしまいました。