【工夫】~日本語上達のカギは掲示物にあり~




お世話になっております。長期インターン中の勝間田です。

最近は、掲示物や教材のクオリティーを上げようと努力しています。

今日は16日目です。

英語の授業と日本語の授業の生徒の人数に変化が出てきました。

日本語を学ぶ生徒が大変多くなり、今までとても多かった英語を学ぶ生徒が減りました。

お祭りの影響なのか、生徒の事情なのか、私たちに問題があるのか定かではありませんが生徒を増やす努力を、そして、来た子供に対しては全力でできる限り質の高い教育と愛情を注げればと思います。

教室をより日本仕様に

今日、まずは掲示物を増やそうと思い、ひらがな表とカタカナ表を作成して、掲示しました。

「あいうえお」から始まり、濁点や拗音(小文字)、長音符(棒引き)まで掲示しました。

正直なところ、濁点、拗音、棒引きは、子供たちに教えこんでいません。

濁点を学びはじめた生徒が最近は増えてきた段階です。