クメール語を習得したら世界が変わった~現地語を習得するべき3つのメリット~




こんにちは。皆様、いつもお世話になっております。第6期現地駐在員の石出です。

先週はプノンペンで行うシェアハウス事業の改革のため、ほとんどをプノンペンで過ごしました。

もう大人だからと運営を彼らに任せていたら様々な問題が。。

ということで、空気を一新するために約4時間かけて大掃除を行いました!

gentigo3

水ぶきをするのは中学生以来でしたが、掃除が終わると、住人たちが部屋から続々と出てきました。

「Thank you.(ありがとう。)」「I will cook for you.(今日は私がごはんをつくるね。)」「Do you want to drink a beer?(ビール飲みたい?)」と態度が一変(笑)

やっぱりきれいな空間は気持ちもきれいにしてくれるんだと実感しました。

さて、本日は「クメール語を習得したら世界が変わった」ということで、現地語習得のメリットを私の完全実話からお伝えします。

ちょうど今日で滞在7ヶ月目を迎えた私は、今回が6度目のカンボジアでう。そんなにカンボジアに来てて、5回目までと何が違うのかと言われたら、一番はやっぱりクメール語力でしょう。

クメール語力といっても、クメール語を勉強しに来たわけではないので、もちろんくねくね文字のクメール語が書けるわけでも読めるわけでもありませんが、日常会話程度のクメール語のスピーキング力・リスニング力は手に入れたつもりです。

語学力不問は嘘!?話せないと生きていけなかった。

私がカンボジアにやっていた4月。今では憎たらしい住み込みスタッフたちも、わんぱくな生徒たちも日本語の勉強を始めてまだ1カ月も満たないくらい。「こんにちは。」の挨拶にしか、まともに返してくれませんでした。

7人のカンボジア人と1人の日本人で始まった新生活。

比率が比率なので、いくらソムナンやワンダが日本語話せるといっても、私との会話以外はすべてクメール語。ミーティングもオールクメール語で行われ、通訳を頼んでも「わすれました。わかりません。」と、1時間のミーティング分も一言の通訳で終わることもありました。

gentigo2

(もう通訳がいなくても!それでも、日本語だけでの進行を目指しています。)

マネージャーがソムナンである以上、日本人である私は日本語を教えることしかできることはないのかな。。

日本語や英語で会話をするのをめんどくさそうにするソムナンの態度にイライラしながら、村にいる英語のできるカンボジア人にたまに英語で相談をしながら、何が一番自分に足りない力なのかを考えていました。