負の遺産を訪れて~カンボジアの過去・現在・未来を考える~




こんにちは、いつもお世話になっております。 短期インターン中の隈崎です。

村を出発し、最終日はプノンペンで観光をしました!

カンボジアの歴史にまつわる場所を訪れたり、町の風景などを見たりして感じたことをお伝えしたいと思います。

トゥールスレン虐殺博物館

村から出ている乗り合いバンを降りて、そのままトゥールスレン虐殺博物館へ向かいました。

ここでは1976年から1979年の約3年間をとおして、クメール・ルージュ支配下のもと、2万人もの人が収容、拷問、そして虐殺されました。

私は音声ガイドを聞きながら回ったのですが、何が起こったのかを知りながら回れたのでとても良かったです。

眼鏡をかけているだけで、字が読めるだけで捕まり、拷問では嘘の供述を述べさせられ、殺される。

信じられない、信じたくない、でも知らなきゃいけない、この事実が遠い昔ではなく、親も生きていた時代に実際に起こったこと、ここで見たものをしっかり胸に留めて、同じ過ちを繰り返さぬよう、平和を願い過ごしたいと思いました。

キリングフィールド

キリングフィールドは、先ほどのトゥールスレンに収容された人が最終地点として移され、殺された場所です。