二週間のカンボジア渡航を終えて~言葉は通じないけれど~




皆さまお世話になっております。

法政大学新二年生の成田彩花です。

私は3月13日から3月26日までの約2週間CBBでお世話になりました。

① 私がカンボジアに行った理由

私は大学のゼミで国際開発協力を専攻としています。

まだゼミが本格始動していないということもありますが、自分の興味分野が定まっていなくてあせっていました。

私の尊敬している先輩から、

「何がしたいのかわからないのはまだ実際に行動していなくて何も知らないからだよ。

 やりたいことがたくさんありすぎて決められない、というのはただの言い訳だよ」

というお言葉を頂きました。

そこでまだ具体的に学びたいことは決まっていないけれど

一度東南アジアに行ってみよう、いったらなにか見つかるかもしれない。

見つからなくても今後のゼミでの学習に役立つだろう

と思い行かせて頂きました。

結果としては、残念ながら二週間の間ではカンボジアのほんの一部しか知ることができなかったし、これといった分野も見つけられませんでした。

しかし、毎日子供たちと遊びたくさんのカンボジアの方々にあたたかく向かい入れて頂き、

私は今カンボジアが大好きです。

はやくまた行きたくて仕方がありません。

これは今のわたしにとって何よりも大きな収穫だと思います。

本当に1年生のうちから行けてよかったと思います。