ボランティアだけじゃない!~カンボジアに留学する魅力を僕が教えます~




こんにちは。皆様、いつもお世話になっております。短期インターン生の飛田拓実です。

前回は僕のカンボジア留学編パート1「プノンペン王立大学(通称:IFL)とは。」について書かせて頂きました。

インターン先やボランティア先の候補地にカンボジアがあるのが一般的だと思いますが、まだまだカンボジアで留学する。という選択肢はマイナーであると思います。

今回もカンボジア留学編パート2ということで、僕の留学生活について紹介したいと思います。

~Wスクールが当たり前!~3部制からみるプノンペンの大学事情~

私はプノンペン王立大学に大学の交換留学生として在籍していました。

カンボジアの大学のスタート時間はなんと7:30です。(先生は15分遅刻してきます。)

日本の大学生には信じられないような早さですよね。

私は10か月間朝5:30に起き、7:30~11:00まで英語を勉強していました。

(9:00~9:30は朝ごはん休憩があり、カンボジア人にとってはとても貴重な時間です。朝ごはん休憩がないと生徒の期限が悪くなります(笑))

実はカンボジアの大学は基本的に3部制で、

朝の部:7:00~11:00