【留学・インターン考え中の方必見!】トビタテ!留学JAPANとは。~自分だけの留学計画書を作る!~




こんにちは。皆様、いつもお世話になっております。現地インターン生の本多志帆です。

現地ではプチュンバン休みも明け、CBBスクールも今日から授業再開となりました。

本日は、私が大学を1年休学し、ネパール・カンボジアでのインターン留学をするにあたっての奨学金を頂いているプロジェクト【トビタテ!留学JAPAN】についてお伝えします。

2020年までに大学生1万人を海外へ!~トビタテ!留学JAPANとは~

皆さんは、【トビタテ!留学JAPAN】というプロジェクトを知っていますか?

【トビタテ!留学JAPAN】とは、2013年から文部科学省が中心となり開始された、官民協働の留学支援制度です。

官民協働で「グローバル人材育成コミュニティ」を形成し、将来世界で活躍できるグローバル人材を育成することを目的とした「留学促進キャンペーン」とされています。

つまり、政府だけではなく、日本の色々な企業がお金を出資し、このプロジェクトは成り立っています。

この制度の主な取り組みとして行われているのが、今回私が奨学金を頂いている「官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム~」です。

この学生に奨学金を出して、海外に送り出すプログラム。

2020年までに約1万人の高校生、大学生を海外に送り出すことを目標としています。

基本的には、日本国籍を有し、日本の高校・大学に在籍し、留学に対する意欲さえあれば誰でも応募は可能。

特に、「産業界を中心に社会で求められる人材」また、「世界で、又は世界を視野に入れて活躍できる人材」を育成するという観点で審査は行われます。

私がトビタテに応募した理由~魅力は「お金」と「仲間」~

私が高校在学時にアメリカへの交換留学を経て日本に帰国した際、

「大学に入ったらもう一度海外へ出る」

という思いがありました。

形は何であれ、日本では見たり感じたりすることができない世界をまた見に行きたい。そんな世界で学びたい。と考えていました。